住宅改修についてhome_fig1

病院入院中ではバリアフリー化された生活を過ごしていて分かりづらいのですが、自宅ではちょっとした段差や手すりがないことで歩行が不安定となることもあると思います。そのため入院してから退院する際には自宅で生活するために自宅の住宅改修が必要な場合もあります。

当院においても退院前に事前に理学療法士や作業療法士の他にも看護師などが一緒になってご自宅を訪問して自宅改修する箇所を検討します。実際の生活空間を確認することで住宅改修以外にもご家族に注意する箇所を指導、説明させていただき、ご自宅に帰った後も安心して生活できるようにサポートしていきます。入院中にご自宅での生活に不安がある場合には担当のセラピストや看護師にご相談ください。

home_fig2 home_fig3