作業療法

作業療法とは

OT(作業療法士)の仕事

作業療法(OT;Occupational Therapist)は、食事や排泄,更衣,入浴など身の回りの動作から、炊事や掃除,洗濯,買い物,育児といった日常の生活全般における行為や、仕事・趣味など人が行う全ての行為(作業)を、対象者(患者さん)の疾患や症状に合わせてプログラムを組み、アプローチを行います。その内容は、理学療法(PT)と同様の基礎療法(徒手的な筋力増強や関節可動域訓練)も含みますが、日常生活を送る際に発生する問題に対して訓練をしていきます。また、その症状に合わせて自助具の提案及び提供をし、変形に対して手指の装具(スプリント)作成、関節保護指導や趣味的な活動(手芸や工作)を利用して、リハビリや今後の生活に対する意欲を高めるような精神面の支援も行います。

以上に紹介した内容は当院ホームページのリハビリテーション科トップページの作業療法に各項目を挙げておりますので参考にしてください。