作業療法

自助具について

自助具とは

日常生活において生活動作が出来なくなった時や困難になった際に出来なくなった動作の代用および補助として使用する道具のことをいいます。

起居
補高マット 坐面を高くすることで膝や股関節の曲がりが悪くても立ち座りがし易くなります
食事
ピンセットタイプの箸 手指の変形や力が弱くても物を摘みやすくします 曲がりスプーン、フォーク スプーンの首の部分が自由に角度を変えることで口元まで届きやすくします
調理
皮むき器 手指などの動きや握力が不十分で包丁が持てない際に使用します ボトルオープナー ビンの蓋を少ない力でも開け易くします
ボトルオープナー ビンの蓋を少ない力でも開け易くします UDグリップ包丁 包丁の柄の角度を調整することで手首の動きが悪くても食物を楽に切ることができます
トイレ
腰上げシート 内容及び対象は補高マットと同様
入浴
バスボード 入浴する際にいったんこのボードに腰をかけて浴槽に入るためのボードです バスシート 浴槽内で立ち上がりやすくするためのシートです
シャワーチェアー 各対象者に合わせて高さや横幅,奥行きを決めて作製します 洗体ブラシ ボタンをかけにくい際に楽にかけることが出来ます
更衣
ボタンエイド ボタンをかけにくい際に楽にかけることが出来ます ソックスエイド 靴下を履く動作が困難な際に使用します
整容
台付き爪切り 市販の爪切りに台がついていて少ない力でも楽に切ることが出来ます
その他
リーチャー・マジックハンド 遠くにあるものを引き寄せたり、衣服の着脱の際に使用します。グリップを握ると先端部を閉じることができ、 床に落ちたものを拾うことが可能です。しかし、コインなどを拾うことは困難です 水道レバー 家庭用の三角栓専用の自助具で水道栓を容易に開閉できます
ソフトハンドル ドアノブに取り付けることで上下のレバー操作によりドアの開閉が可能となります 目薬さし 目薬を点す際に力が弱くても目元まで楽に届き、点しやすくします