院内外研修

平成28年

第10回 ICLS道後温泉病院コース

7月31日(日)

平成18年より年2回行ってきたICLS道後温泉病院コースが、今年で10回目となりました。今年1回目が道後温泉病院 大会議室で行われました。

研修は、インストラクターのみなさんが優しく、分からなくて良いからという雰囲気で研修が進み、疑問に対して容易に聞くことが出来、分かりやすく教えてくれていました。

実際に急変を想定したシミュレーションでは、全員がローテーションで役割を変えて行い、それぞれの動きを学習でき曖昧になっていたことが明確になったそうです。同じ職場同士のスタッフが受講していることも有り、お互いに声を掛け合いながら知識を深め合っていました。研修を受けたスタッフより、「二年目になって夜勤に急変が起こった場合どうしようと思っていたけど、今回のICLSコースを受講して、リーダーのサブとしてちょっとは役立てるようになったと思いました。」との受講後の感想を話していました。

平成25年

救急講習~道後温泉病院ICLSコース

当院では年2回、日本救急医学会認定のICLSコースを行っています。

ICLSコースとは突然の心停止に対する最初の10分間の対応を、シミュレーションを通じて学ぶ講習会でZassou spritsという当院を含め県内5病院の看護師有志からなるチームが指導しています。

関節リウマチ専門で救急外来は無く救急症例の少ない当院においてはこのようなシミュレーション学習は大変有用で受講者からは実践的でとても勉強になったと好評です。

頻度が少ないからこそ普段からの訓練が必要なので今後も続けて行きたいと思います。