フットケア外来について

関節リウマチ患者さんを対象としたフットケア外来始めました

フットケア外来とは

足趾の変形による痛みや巻爪、タコ・うおのめ、水虫など足の事で悩んでいる方に対して病気の事や薬の事、装具の事、日常の足のお手入れ方法などを医師、理学療法士、作業療法士、装具士や看護師がチームとなり連携を取りながらアドバイスをする事です

具体的な指導内容

  1. 全体的な足の観察・・・素足になって頂き足の変形や状態を観察します
  2. フットバス・・・必要に応じて足浴を行います
  3. 爪切り・・・看護師が爪を切ったり、正しい爪の切り方を指導します
  4. タコ・うおのめ処置・・・医師の指示によって専用の機械を使用し削る場合もあります。又局所的に圧が集中しないように足底装具や靴型装具の検討を行います
  5. 自宅での足のケア方法・・・足の洗い方や変形や外部刺激に負けない足の筋力増加や柔軟性を保つ運動を紹介します
  6. 装具について・・・必要に応じて医師、理学療法士、作業療法士や装具士と連携を取って患者さんにあった装具を作成します

このほかにも様々な足の悩みの相談に応じます

曜日・時間

フットケア外来は予約制です。具体的な曜日や時間は以下の通りとなっています

開催曜日 毎月第 1・3・5 金曜日
開催時間 11時~13時(1人約30分枠の最大4人)
持参して頂くもの
  • 爪切り
  • 保湿クリーム
  • 足の装具や靴の下敷き(すでに持っている方のみ)
  • タオル1~2枚
予約先電話番号

089-933-5131 道後温泉病院 外来

外来受診時に医師または看護師にご相談下さい