内科的診療

リウマチの画像診断~MRIを用いて~  大西 誠

図1関節リウマチは原因不明の自己免疫性疾患で、 慢性で進行性の滑膜炎を特徴とする病気です。関節の腫れ(滑膜炎)が持続し病気が進行することで徐々に軟膏や骨が破壊され、 関節が変形し日常生活に支障を来すようになります。関節リウマチにおける画像診断の中心は単純X線によるもので、 関節付近の骨吸収像(骨がもろく見えること)、関節列隙の狭小化(関節の隙間が狭くなること)、関節びらん等が観察されます。 従来関節の腫れ(滑膜炎)は、全身の関節を触れて丁寧な診察を行うことで評価し、前述の関節の骨の評価を単純X線で行ってきましたが、 最近のMRI機器の進歩により関節の腫れ(滑膜炎)や単純X線では発見できなかった小さな骨びらんが評価できるようになってきています。 このことにより、今までは単純X線でリウマチの変化がでていないからと言われていたようなごく早期のリウマチの診断や治療評価にMRIが 有益であると考えられています。当院でも2005年より主に手指関節の評価にMRIを利用することが多くなってきています。

当院で使用するMRIは開放型と呼ばれるもので、一般的に使われているドーム状の検査機の中に窮屈な格好ではいるものではありません。 リウマチの患者さんでも検査できるようになっています。


図2 図3

代表的な患者さんの写真です。診察上、右手中指の関節に腫れを認めますが、X線では異常を認めませんでした。 ところが、MRIを見てみるとはっきりとびらんがあることが確認できました。(↑)



図4 図5

X線で確認できないびらんをMRIで右手親指に認め、左手には中指と薬指に腫れを確認できました。(↑)

リウマチ科・整形外科・内科