外科的診療

人工膝関節置換術の説明  安達 永二朗

人工膝関節置換術

膝関節の治療法には、くすり(薬物療法)、装具療法、リハビリテーションなどの保存的療法と手術的療法があります。あなたの膝関節は、十分な保存的療法にもかかわらず、その効果が無いことから、現時点では膝を人工関節に置き換えることで、疼痛や関節機能の改善が期待できます。

人工膝関節の効果

人工膝関節置換術の効果は、現在ある膝関節の痛みの軽減が期待でき、目常生活に必用な膝関節機能の回復が期待出来ます。術後の膝の可動域は、伸展は0°から10°程度の伸展制限を残す程度に回復すると期待できます。屈曲は手術前の程度によりまちまちですが、手術前に十分曲がっていた方では110゜くらい、術前の屈曲が非常に悪い方では、術前の角度十αと考えられます。

手術方法

健康な膝関節は、関節の骨の表面を軟骨が覆っていて滑らかに動くようになっています。あなたの膝では、この軟骨が障害を受け、表面が凹凸不正になり、あるいは軟骨が消失して滑らかに動かなくなっていると考えられます。

図1 図2

したがって、この凹凸になった関節表面の骨を削り取り、人工の関節をかぶせる治療が現在のところ最も妥当な手術方法と考えられます。人工膝関節の手術は、皮膚、筋肉を切開して骨に到達し、骨を人工膝関節の形状に合わせて切り、人工膝関節の設置をします

図3 図4 図5
図6 図7
手術後の注意点

長期間にわたり、人工膝開節を使用するためには、手術後の定期検診が必要です。手術後の機能訓練、目常生活動作などについては医師の指示を守って下さい。また、異常を感じたときには医師の診察を受けてください。

手術に伴う諸問題

この手術には麻酔が必要です。現在ではほとんどあリませんが、麻酔による危険性があります。また骨の手術であるため肺動脈塞栓症などの発生の可能性があります。そのほか手術中の予測不可能な出来事にたいして緊急の医療処置が必要となることもあります。手術中および手術後には、輸血を必要とする可能性があります。輸血による問題点として血清肝炎などがあリます。皮膚切開にともない知覚異常(しびれなど)が術後に見られることがあります。まれにではありますが、膝の周りに走っている神経(腓骨神経、脛骨神経)が障害を受けることがあります。

人工膝関節手術の諸問題(合併症)

合併症には早期のものと、後におきるものがあります。早期のものとしては、脂肪塞栓症、肺塞栓症、感染などがあります。脂肪塞栓症は骨の中の脂肪が血管の中に入り、肺の血管を塞ぐと考えられている病気で、重篤な場合は死亡する危険もあります。手術の際、骨の中の脂肪組織を血管の中に入れないように注意することで、当院ではこれまで重篤な脂肪塞栓の発生はみられていません。肺塞栓症。手術後、足の血管の中にできた血栓(血の固まり)が流れて肺の血管につまる病気です。エコノミークラス症侯群と言われている病気です。約5%の頻度で発生すると言われています。重症の場合は、死亡することもある怖い合併症です。肺塞栓症が起こった場合は、直ちに抗凝固療法という血液の固まりを溶かす治療を行う必要があります。当院では、長期の固定をさけ、早期のリハビリを開始することにより、これまで重篤な肺塞栓症の発生はありません。感染症。手術時に人工関節に細菌が侵入する早期の感染症と、術後かなりの期間がたってからおこる晩期の感染症があります。晩期の感染症は体の中にある感染巣から細菌が運ばれてきて起こるものです。最悪の場合は人工関節の入れ替えや、抜去が必要な場合があります。発生頻度は5%程度と言われていますが、様々な予防処置により、当院での発生頻度は1%以下と非常に良好な成績が得られています。長期成績。人工関節手術を行い長期間が経過すると、様々な原因で人工関節と骨との間の固定が悪くなることがあります。これが人工関節のゆるみといわれるもので、このゆるみがひどくなった場合、再度人工関節を入れ替えなければならないことがあります。人工膝関節置換術では、術後10年で、約4%の方に入れ替えが必要になったという結果が報告されています。

手術以外の方法について

手術以外の治療法としては、関節注射、装具の装着・リハビリテーションなどがあります。いずれもいちおうの効果はあると思われます。ただし、これらの治療は根治的なものではないので、ずっと続ける必要があります。関節の破壊は少しずつ進行していくと考えられます。関節の骨が削られて少なくなると、手術そのものが難しくなり、手術しても人工関節が早くゆるんでしまう心配があります。また、関節の動きが悪くなるタイプの方では、関節の動きが少しずつ悪くなっていくと考えられます。関節の動きが悪ければ悪いほど、手術後の回復が遅くなり・手術後の膝の動きが不良になります。