内科的診療

リウマチ因子と抗CCP抗体について

関節リウマチ(RA)の診断は時に難しく、経過を追ってみないとわからないことがあります。 この検査はRA患者さんの約80%で陽性となり、hukusayo

ただ問題なのはリウマチ因子という言葉が独り歩きしてしまい、リウマチ因子が陽性だという事だけでリウマチ患者扱いされていることがしばしばあることです

リウマチ因子はRA以外の病気や他の膠原病でもしばしば陽性となり、また健康な人(特に老人) や感染症などでも時折陽性となることがあるからです。 また、RA患者の5人に1人はリウマチ因子がずっと陰性ですし、RA発症早期は陰性のことも多いようです。 この点をよく理解してリウマチ因子を見ていく必要があります。

これまでRAを疑うけれど確定診断がつかないときに、この検査をすれば確実に診断が出来るというような便利な検査が なかったのですが、hukusayo最近、抗CCP抗体という血液検査がそのような夢の検査に近いものであるとして登場いたしました。 この抗体が高値の人はRAである、もしくは将来RAになる可能性が非常に高く(約95%の確率)、RAの診断の 補助として大変有用です。

ただ、RAの患者でも約20%は抗CCP抗体が低値(陰性)であり、関節炎の早期に限れば後にRAと診断された方の 約40%が初期は陰性です。ですから、RAを疑ってこの検査を行った時、陽性なら95%の確率でRAと言えますが、 陰性だからといってRAではないとは言い切れないので注意が必要です。 また、健康な人でRAを発症する数年前から抗CCP抗体は陽性になる人もいると報告されており、将来RAとなる 予測マーカーとして使える可能性もあります。

抗CCP抗体陽性のRAは、陰性の場合よりも骨破壊が強く進む傾向にあるという報告もありますが、 これは今のところまだ明らかではありません。 また、抗CCP抗体は一般にCRPや血沈のように関節炎の活動性を反映しません。

以上のように、リウマトイド因子も抗CCP抗体も共に関節リウマチの診断の補助には重要な検査ですが、陽性 のときも、陰性のときも慎重にその意味を考える必要があります。 これらの検査の陽性、陰性で安易にリウマチだ、そうではないと即断しないことを医者も患者も肝に銘じておく必要が あります。

hukusayo

リウマチ科・整形外科・内科