身体障害者手帳

身体障害者手帳とは

 「身体障害者手帳」とは、身体障害者福祉法に定められたもので、一定の障害を有する方に対して、申請により交付されるものです。
 この手帳は、身体障害者であることを証明するもので、法律で定められた援助や各種サービスを利用する場合に必要になります。
 障害の種別や手帳の等級により利用できるサービスが異なります。手帳の等級には1級から6級があり、各等級は指数化され、二つ以上の重複障害の場合は、重複する障害の合計指数により決定されます。
なお、障害年金の等級とは一致しません。

交付対象

  • 視覚障害
  • 聴覚障害
  • 平衡機能障害
  • 音声機能・言語機能・そしゃく機能の障害
  • 肢体不自由(上肢・下肢・乳幼児期以前の非進行性の脳病変による運動機能障害)
  • 肢体不自由(体幹)
  • 心臓・じん臓・呼吸器・ぼうこう・直腸・小腸機能障害
  • ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障害
  • 肝臓機能障害

身体障害者手帳の取得の希望がある方は…

  • まず主治医にご相談ください。
  • 病名や手術の有無で決まるのではなく、症状・状態によって都道府県の基準があり主治医はその基準に沿い目安をたてます。正式な決定は、都道府県が行います。

障害認定される時期が決められている場合があります

  • 病気やケガによって、『障害が固定』したとみなされる時期や目安が決まっている場合があります。その時期が経過しないと申請はできません。

申請について

下記の物を用意して、市町村役場障害福祉担当課へ申請します。
必要経費は「身体障害者診断書・意見書」作成料(→医療機関に支払い)及び写真代は、交付を希望する方のご負担となります。

申請後、1~2カ月で「身体障害者手帳」が交付されます。

新規に申請する場合(愛媛県の場合)

  • 身体障害者手帳交付申請書
  • 医師の意見書・診断書(指定医師のもの)
  • 顔写真1枚(たて4cm×よこ3cm)(3ヶ月以内に撮影したもの)
  • 健康保険証(コピー可)

(申請書、意見書・診断書は当院にもございます。申請の際はご相談下さい)

現在、手帳をお持ちの方について

下記のように手帳の内容に変更があるときは、市区町村役場にご連絡下さい。

住所・氏名を変更するとき
市外に転出された場合は、新しい住居地の市区町村役場で手続きして下さい。

障害の程度変更、新たな障害の追加、再認定の期日がきたとき
手帳交付時に障害程度の重大な変化が予想される場合、交付時の状況に応じて1年以上5年以内に、再認定のための審査を受けていただく場合があります。

手帳の紛失、破損、貼ってある写真を貼り替えるとき
再交付の申請ができます。

死亡したとき、又は障害程度が軽くなり身体障害者福祉法に定める障害に該当しなくなったとき
手帳の返還手続きが必要です。

身体障害者福祉手帳で利用できる主な福祉制度

自立支援医療(更生医療)給付

年金・手当て
所得など支給要件がありますのでお問い合わせ下さい。

所得税、住民税、相続税の控除

自動車税、自動車取得税の減免
減免の対象となる障害の範囲が決められています。また、18歳以上の方については本人所有の自動車に限ります。

新マル優制度の利用 (預貯金の利子の非課税扱い)

第1種障害者・・・身体障害者障害程度等級にある一定の等級の方
第2種障害者・・・第1種障害者以外の方
→1種、2種によって割引の対象者が異なります。

JR運賃の割引(バス含む)
私鉄・バス運賃の割引
旅客船運賃の割引
航空運賃の割引

タクシー料金の割引
手帳を交付されている方は、運転手に提示することで1割引されます。

有料道路通行料金の割引
本人が運転する場合と障害がある方を同乗させて介護者が運転する場合は5割引となります。

駐車禁止除外指定車の標章の交付
標章を掲示することにより、駐車を禁止した場所に一時的に駐車することができます。

NHKの受信料の免除
所得状況によって全額免除と半額免除があります。

携帯電話使用料の割引

補装具の給付・修理(杖、補装靴等)
支給の要件や所得に応じて補装具の1割負担があります。
また、介護保険制度が適用される方は、そちらが優先されます。

美術館等公共の文化施設の入場料の割引
(ex松山市内・・・道後温泉入浴料や松山中央公園プール、松山城閣観覧料、愛媛県美術館、愛媛県立とべ動物園など・・・)

(注)市町村によって、給付内容やサービスの名称が異なります。
 詳細は市区町村役場の申請窓口へお尋ね下さい。