障害者総合支援法

障害者総合支援法について

平成25年4月から「障害者自立支援法」が「障害者総合支援法」へ変更となりました。

障害者総合支援法では、障害者の範囲に新たに130疾患の難病(強皮症や全身性エリテマトーデス等)の方が加わり、その中に関節リウマチも追加されました。

障害者手帳をお持ちでない方も、障害程度区分の認定や支給認定等の手続きを経て、必要と認められた場合は、障害福祉サービスが受けられるようになりました。

障害福祉サービスの利用を希望される方は、お住まいの市町村の担当窓口(保健所等)に対象疾患の証明書(診断書又は特定疾患医療受給者証等)を持参し、申請手続きを行ってください。

なお、介護保険対象の方は、介護保険制度が優先となります。詳しくは、医療相談室までお問合せ下さい。