難病医療費助成制度

難病医療費助成制度について

平成27年7月1日から難病医療費助成制度の対象疾病(指定難病)が306疾病に拡大されました。

(既存の110疾病に196疾病※ が追加となります)

※対象となる疾病一覧は、厚生労働省のホームページからダウンロードできます。「難病対策」で検索可能です。

なお、指定難病に関する情報については、難病情報センターのホームページをご覧ください。

■追加される疾病の患者さんで、症状が一定程度以上または高額な医療費※を支払っている場合は、医療費助成制度を利用できるようになります。

※対象となる疾病の月ごとの医療費総額が、33,300円を超える月が年間3回以上ある場合です。

■医療費助成を希望される方は、申請手続きの詳細について、お住まいの都道府県の担当窓口にお問い合わせください。

■疾病の概要、診断基準、診断書(臨床調査個人票)は、厚生労働省のホームページからダウンロードできます。

1.制度の概要

■ 指定難病の医療費の自己負担割合が3割から2割※ に引き下げられます。

※ 医療保険上で3割負担となっている患者さんの負担割合が2割となります。1割負担の患者さんの負担割合は変わりません。

■ 指定難病の特性に配慮し、外来・入院の区別を設定しないで、世帯の所得に応じた医療費の自己負担上限額(月額)が設定されます。

■ 自己負担上限額は、受診した複数の医療機関などの自己負担をすべて合算した上で適用されます。

自己負担上限額

※1 月ごとの指定難病の医療費総額が5万円を超える月が年間6回以上ある場合です。

※2 人工呼吸器などを装着している方の場合は、所得に関係なく一律1,000円となります。

2. 難病医療費助成制度に関する申請について

■ 申請の際には次の書類が必要となります。

  1. 診断書(臨床調査個人票)
  2. 申請書(指定難病医療費支給認定用)
  3. 公的医療保険の被保険者証のコピー
  4. 市町村民税の課税状況の確認書類
  5. 世帯全員の住民票の写し

※なお、都道府県の窓口から申請者(患者さん)に対して、上記以外の書類の提出を求める場合があります。

■ 申請方法

お住まいの都道府県の窓口に提出してください。

3.難病医療費制度の申請の流れ

申請の流れ