限度額適用認定証

高額療養費制度は、患者様が病院窓口で請求された医療費を一旦支払い、後で自己負担限度額を超えた分が払い戻しになるという制度です。

平成19年4月からは70歳未満や非課税世帯の方が入院される際は、事前に「限度額適用認定証」を病院窓口へ提示して頂くことで、病院ごとのひと月の窓口負担が自己負担限度額までで済むようになりました。

これまでは入院のみの適応でしたが、平成24年4月から外来でも適応となりました。

※自己負担限度額は、所得に応じて異なります。

高額の診療を受けるとき

 

 

高額な診療を受ける方

事前手続き

医療機関にて

70歳未満の方

70歳以上の非課税世帯等の方

加入する保険者に「認定証」
(限度額適用認定証)
(限度額適用・標準負担額減額認定証)
の交付申請

「認定証」を窓口に提示

70歳以上75歳未満で

非課税世帯等ではない方

必要なし

「高齢者受給者証」を窓口に提示

75歳以上で

非課税世帯等ではない方

必要なし

「後期高齢者医療被保険者証」
を窓口に提示

・  「認定証」を提示しない場合は、従来どおりの手続きとなります。

・  事前申請等の詳細は、病院窓口または御自身が加入している保険者(市役所・協会けんぽ等)にお問い合わせ下さい。