病院の概略

当院のリウマチ診療体制

 当院はリウマチ性疾患の総合的医療を目指した専門病院です。 中でも、その中心となる関節リウマチは長期経過をたどり、しかも関節障害が進行していくことが多く、その間に薬物療法の見直し、 合併症への対応そして人工関節に代表される手術など、種々の治療が繰り返されたり、重複して行われています。 そこで当院では、リウマチ性疾患のあらゆる状態に対応できる病棟体制として、以下の3種別の病棟認可を取得し、入院治療を行っています。

障害者施設等一般病棟 166床
回復期リハビリテーション病棟 34床
地域包括ケア病棟 34床
総ベット数234床

 診療体制としては、関節リウマチの全ての局面に内科・整形外科・リハビリテーションの三者が同時並行的に治療に参画し、 その上にケアー部門などのコメディカルスタッフが加わり、専門領域でのチーム医療を行っています。