院内イベント

平成29年平成28年平成27年平成26年平成25年平成24年平成23年平成22年平成21年
平成20年平成19年平成18年平成17年平成16年

平成19年

姫塚会 クリスマス会

平成19年12月2日(日)

 午前中は、澤田先生による「リウマチと糖尿病」というテーマで講演していただきました。 午後からは、すみれ会の皆様による踊りや南京玉簾の披露、ビンゴゲームなどが行われました。
 また、長尾・杣田看護師による「ノロウイルス・インフルエンザ」についての講演もあり、熱心に耳を傾けられていました。 寒い中、入院患者さんだけでなくたくさんの方の出席があり、にぎやかな一日となりました。

  

秋のイベント

平成19年11月18日(日)

 午後2時から、1階ホールにて「ひよこ会」の皆様によるイベントが開催されました。総勢6名による演奏や音楽を使ったゲームを行い、集まった患者さんも楽しまれていました。童謡のクイズでは2組に分かれて行い、それぞれの組で盛んに話をしながら答えられていました。歌うだけでなく、音楽を通して考える力も楽しみながら養うことができ、1時間があっという間に過ぎていました。
 イベントの最後には、職員2名が大黒さまとウサギに扮して集まった患者さんに歌と踊りで和ませてくれました。外は肌寒い天候でしたが、ホールは賑やかに温かい雰囲気に包まれていました。

 

秋のオカリナコンサート

平成19年11月4日(日)

 午後2時から、1階ホールにてオカリナコンサートが行われました。菊間町出身で現在は神戸にお住まいの岡田典子さんによる演奏で、童謡など1時間にわたり美しい音色が響きわたっていました。
 途中、ご主人さんのコーラスもあり集まった患者さんも一緒に歌うなどして、楽しいひと時を過ごされていました。

 

 姫塚会 ちょっと一泊旅行

平成19年9月30日(日)

 姫塚会“ちょっと一泊旅行”が山の手ホテルにおいて開催されました。 今年は、仕事をされている方にも参加していただくために平日から日曜日に曜日を変更し、開催しました。 60名を越える方々が県内外各地から集まり、医局の先生方とともに大宴会を繰り広げられました。
 先生方には、いつもながら無理な注文に応えていただきありがとうございました。

 

病院祭

平成19年9月1日(土)

 今年は通常の企画運営の他に、新たな試みとして高杉先生のリウマチ講演と療養相談会を企画致しました。
 結果、外来患者様の他、多くの方にも来院して頂き盛況な病院祭となりました。

  

夏のコンサート

平成19年8月11日(土)

 午後2時より、松山城南高校1年生7名が、コンサートを行いました。 7名共に同じ中学校の合唱部OGということで、息のあった歌声を披露していただきました。 「ふるさと」「川の流れのように」「乾杯」など8曲をアカペラで歌われ、館内に響きわたる歌声に酔いしれる一時間となりました。

 

海の日コンサート

平成19年7月16日(月)

 海の日にコンサートが開催されました。3名お越しになりましたが、今回の目玉は珍しい楽器による演奏です。なっちゃんは、大工さんが使うような大きなのこぎりでの演奏で、松山でお一人しかいないそうです。
 また、あやみさんの三線による演奏も普段、聴く機会が無く、唄と共に沖縄音楽にどっぷりと浸かった1時間でした。

 

春のコンサート

平成19年4月14日(土)

 午後2時から、春のコンサートが行われました。松山看護専門学校の学生4名がいらっしゃり、ピアノとフルートの演奏にのせて『川の流れのように』『涙そうそう』など12曲披露されました。演奏の間には、バルーンアートで動物などを作り集まった皆さんには大好評でした。普段聴けないフルートの音色にのせて、心地よいひと時が過ごせたようです。

  

姫塚会・お花見会

平成19年4月1日(日)

 桜の花も咲き、暖かな小春日和の中、たくさんの方がお集まりになりました。 午前中は、石丸相談室長による「福祉制度について」と題した講演があり、皆さん熱心に耳を傾けられていました。
 また、午後からはコーラスや患者さんによる南京玉すだれの披露、ビンゴゲームがあり楽しいひと時を過ごされていました。

  

春のクラシックコンサート

平成19年3月18日(日)

 午後2時から、1階ホールにて春のクラシックコンサートが開催されました。 松山市内にある若草幼稚園の関係者・総勢12名の方々にお越しいただき、 ピアノやヴァイオリン・打楽器やオカリナなどを使って、『ふるさと』『コンドルは飛んでいく』など1時間にわたり演奏していただきました。 たくさんの患者さんやご家族の方が集まり、和やかなひと時を味わっていただきました。
 集まっていただいた方々にはとても好評で、是非また演奏してほしいという声もあちこちで聞かれるほどでした。